Blog

子どもに大切な睡眠を考える

「寝る子は育つ」という先人の言葉が腑に落ちた、というお話

単に身体が大きくなることを言っているのではありません。睡眠が子どもたちを心身ともに健全健康にしていくのだということです。

日本小児保険協会が1980年・1990年・2000年に行った幼児期の睡眠習慣に関する調査によると、1歳6か月児、2歳児、3歳児、4歳児、5-6歳児のすべてにおいて、22時以降に就寝する割合が増加しており、子どもの生活リズムが年々夜型傾向にあることが明らかになりました。
私たちは朝に目覚めて明るい光を浴びてから約14時間後より徐々に眠気を感じるように体内時計(生物時計)がセットされています。

このように、生活リズムを整えること、ここに「寝る子は育つ」の答えがあったのです。
詳しくは、こちらをご覧ください。
https://jp.glico.com/boshi/futaba/no78/

年齢と必要な睡眠時間(参考)


年齢 睡眠時間
1~3歳 11~12時間
3~6歳 10~11時間
6歳~12歳 8~10時間

当スクールのポリシー

当スクールでも一人でも多くの方のご入会をお待ちしております。
ですが、たった一つ譲れないものがあります。
それが、「寝る子は育つ」なのです。

幼児クラスのリクエスト、多数いただいています。ありがとうございます。
しかし、十分な睡眠時間を優先させてほしいという願いから、明るい時間帯でのみご案内しております。


お電話でのお問い合せはこちらへ
(火曜~金曜 14:00~21:00 土曜 10:00~19:00)

0800-200-4456