Blog

社会人の方のお問合せで最も多いのが、仕事で必要になり、英会話や資格試験対策学びたいとう内容です。
つまり、英語の知識や英会話の必要性が既にあり、目的を達成するための英語学習、英会話です。
とても意欲的に取り組まれます。
しかし、幼児期の子どもには主体的に考えられる確固な目的がないことのほうが多いものです。
幼少期の子どもは体験学習を通して他から影響を受けて、段々とやりたい事、興味のあることに主体的になっていきます。
他からの刺激はアクティブな行動へ導くきっかけになります


未来のための学習を考える


日本で生まれ育つと他国の人に日常的に出会うこと、話すことは多くありません。
しかし、現代の子どもたちが大人になった時には、グローバル化が進み、一緒に働く相手が日本人とは限らない時代になると言われています。
国はそれを見越して、2020年大きな教育改革を実施し、特に英語の教育改革は極めて重要なものと捉えています。
「グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である。」と言われています。
つまり、一人一人の将来にとっても極めて重要なことと言えます。
勉強は良い点を取ることが目的ではなく、知識を得て活用し、「〇〇〇ができるようになる!〇〇になる!」これが目的です。

詰め込み教育ではない、未来に必要な英語力を身に着けるコミュニケーション

継続的に詰め込み方式ではない方法で英語スキルをUPするためにの大前提!苦痛であってはならないということです。
一方的な教室形式での学習は知識を増やすためだけであれば、問題ないのですが、英語によるコミュニケーションスキルアップにはつながりにくいものです。

グローバル化の進展の中での英語力の重要性
社会の急速なグローバル化の進展の中で、英語力の一層の充実は我が国にとって極めて重要な問題。
 これからは、国民一人一人にとって、異文化理解や異文化コミュニケーションはますます重要になる。その際に、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって不可欠であり、アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべきである。今後の英語教育改革において、その基礎的・基本的な知識・技能とそれらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育成することは、児童生徒の将来的な可能性の広がりのために欠かせない。
 もちろん、社会のグローバル化の進展への対応は、英語さえ習得すればよいということではない。我が国の歴史・文化等の教養とともに、思考力・判断力・表現力等を備えることにより、情報や考えなどを積極的に発信し、相手とのコミュケーションができなければならない。
ー文部科学省 英語教育改革の背景より引用ー

文部科学省の教育改革の背景に記されているように、グローバルなコミュニケーションは今後、重要なポイントです。
では、グローバルなコミュニケーション能力はどのようにして身に着けていくとよいのでしょうか。
それは、楽しく継続的に、異文化を理解し、異文化を語り合える相手とのコミュニケーションをすることです。

ネイティブ講師の価値


当スクールにはネイティブ講師が在籍しており、幼児コースからネイティブ講師がレッスンに入ります
ネイティブ講師がレッスンをしている間は英語圏に行っているかのような会話が飛び交います。
例えば、週1~2回、ネイティブ講師と自由に会話を楽しむ。
幼児期から継続的に英語オンリーで会話をすることで、自由なディスカッションができるようになります。
そして、ネイティブ講師の持っている異文化を理解し、日本の文化や自分の興味や疑問を語り豊かなコミュニケーション能力が身に付きます。


お電話でのお問い合せはこちらへ
(火曜~金曜 14:00~21:00 土曜 10:00~19:00)

0800-200-4456